検索

私たち親子の関係

【子は師である】


学校が夏休みに入る前に、初めてスクールカウンセラーさんとお話してきました。


特に今これに困っているというわけではなく、宿題いやいや、学校いやいやの時期が時々あり、その度に息子と話し合い、一つずつ前に進んできました。


担任の先生から「お話聞いてもらうといいよ」と明るくすすめてもらい、今回機会を作っていただきました。


カウンセラーさんに、お母さん大変だねと言っていただき、「やっぱり大変ですよね。でも、面白いんです。」と、笑顔で答えられる今があることに感謝です。


小さな時から、エネルギッシュ、感受性豊か、アイデアマン、人が大好き、意思がはっきりしていて、僕の道を行く息子。


学校で過ごすには窮屈なのかもしれませんが、よくやっているなと思っています。学校でも自分を出しておいで〜と応援しています。


母として、大変さは確かにあるのですが、私にはぴったりすぎる息子です。


新しい世界、新しい感覚を次々と切り拓いてくれます。


カウンセラーさんが、お母さんが一番のサポーターだね、と言ってくださると「息子が私のサポーターかもしれません。」と私は笑って答えていました。


【子は師である】


この言葉を胸に歩めてきたことで、今の笑える関係があります。


子に教えることより、子に教わることを大切に向き合えてこれてよかったです。


カウンセリング最後は…

またお話に来てくださいね。

このようなお話でもいいですか?

もちろん、またいらしてね。

と、笑顔でおしまいでした。


色々な方に力を借りて、

その子がその子らしく歩める道を

お母さんも"私"らしく歩める道を

みんなで学び合いサポートしていきましょう。


〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜


【being school】では、


親子の関係を見つめるために、親が自分自身との向き合い方を学んでいきます。学び合う仲間をお待ちしています♪


第3期 being schoolは9月から開始です。

6月末〜募集開始しています。


毎月単発講座も実施しています。


〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜


閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

実践の学び場、being school 半年間を通して学ぶ内容は、 "自分という命"を知ること 自分と向き合い、 大好きな自分も 見たくない自分にも 光を当てていく✨ しんどい時もあるけど、 違う視点をもった仲間がいるから 気づきを与え合い 応援し合える✨ 家族、仕事、背景は皆違うけど、 仲間の存在から愛と勇気をもらい 今を生きていく。 本当の学びは それぞれが生きているその場にある。 正解はなく