検索

「霊性の時代」を生きるこどもたち

私が、新しいようちえんをつくりたいのは、

子どもたちの新しい感性に気づいているから。 それを受けとめ、伝えて、生かし合いたいから。


新しい「霊性の時代」に入り、

今まで以上に『見えないもの』や『見えない世界』が

身近に、大切になってきます。


子どもたちはそれを敏感に感じて、

身体で、言葉で、行動で、全身で表してくれています。


なぜ??と分からなかった子どもの言動や様子も、 捉え方が変わります。

子どもたちの感性「霊性」もそのままに 安心して過ごせる場をつくりたい。 学び合える場がほしい。


その思いが膨らみ、この地に講師を招いて、

「霊性の時代、霊性の学びについて」のお話会を開催しました。

このような時だからこそできることをしようと決めました。


子どもたちの未来のために、一歩踏み出しましょう。


being teacher KANAE






閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

実践の学び場、being school 半年間を通して学ぶ内容は、 "自分という命"を知ること 自分と向き合い、 大好きな自分も 見たくない自分にも 光を当てていく✨ しんどい時もあるけど、 違う視点をもった仲間がいるから 気づきを与え合い 応援し合える✨ 家族、仕事、背景は皆違うけど、 仲間の存在から愛と勇気をもらい 今を生きていく。 本当の学びは それぞれが生きているその場にある。 正解はなく